【どう違うの?】プログラミング初心者におすすめのJavascriptライブラリ

 

 

こんにちは、はるおです。プログラミング初心者のみなさん、Javasctiptという言語はご存じですか?JavasctiptとはWEBサイト上に動きをつけることができるブラウザ依存の言語なのですが、需要が高く、かなりアツい言語となっています。

そして、そのJavascriptをさらに便利に使いこなせるようになるのが、Javasctiptライブラリ(フレームワーク)というものなんですね。ライブラリはよく使う機能を繰り返し使えるようにした物で、フレームワークはライブラリをさらに大きなパーツにまとめたものですね。

ライブラリとフレームワークについて後ほど詳しく解説しますが、とにかく種類が多くて面倒なんですよね。そこで、今回の記事では、Javasctiptのライブラリ・フレームワークの中で今流行っているものを紹介していこうと思います。

【プログラミング初心者必見!】おすすめ言語6種について独学の方でも分かるように詳しく解説します。

本記事では、下記の内容を解説します。

 

 

○この記事でわかること

・ライブラリ、フレームワークについてわかる

・Javasctiptのライブラリ・フレームワークについてわかる

 

この記事を書いている僕は、プログラミング学習歴8ヶ月。

基礎学習が終わり、LP作成、ドラマのランキングアプリなどを作成しております。

Googleアドセンス審査に1発合格後、ブログ解説から連続更新50日以上突破中

初心者の方に少しでも多くの情報を届けたいと思い、発信しております。

 

 

また、Twiiterも最近始めたのでこちらの方もフォローしていただけると嬉しいです。

 

Twitterアカウント @clearyou66

 

 

 

 

ライブラリ・フレームワーク

 

上記でも説明したJavasctiptのライブラリ・フレームワークについて、もう少しだけ深掘りして説明していこうと思います。

ライブラリとは

ライブラリとは、よく使われると思った機能を持つプログラムを簡単に呼び出せるようにまとめたものですね。たとえば何枚かの画像を時間が経つにつれ1枚ずつ横にアニメーションして表示されるスライドや、ボタンを押すことでメニューが表示されるなどですね。

 

これらの機能はHTML&CSSだけでは実装が不可能でした(といいつつCSSでも実装はできるのですが、効率的ではない)。それを簡単に召喚するように呼び出せるのが、このライブラリという機能になるんですね。

 

自分で1から確実かつスピーディに作れるのであれば問題ないのですが、やはり1から作るとなるとそうはいきません。ライブラリを使用すればある程度まとまった機能が簡単に呼び出すことができ、しかも誰が使っても機能は同じなので確実かつスピーディだと言えますね。

 

 

フレームワークとは

フレームワークとはライブラリよりさらに大がかりにパーツをまとめあげたものですね。たとえばログイン画面を作りたいときがあったとすると、既にほぼできあがった状態のログイン画面を呼び出すことができるのがフレームワークです。

あとはそこに自分が適応したいデザインをあてたり、機能の微調整を行うだけで実装できます。逆に1からすべてJavasctiptのみで書くことを「生JS」と呼んだりします。家を作るとき生JSでは木材1本1本からですが、フレームワークはプレハブを運んでくるイメージです。

ライブラリもフレームワークも、とにかく時間短縮ができて、かつ、誰が使っても同じ機能になるので、ミスが少なくなるといったメリットもあり、開発の場では重宝されます。しかしその一方で、細部まで細かく設定したい場合には不向きだと言えますね。

Javasctiptのライブラリ・フレームワーク

 

それではここからは実際に今よく耳にする、流行っているライブラリ・フレームワークについて解説していきますね。本記事で紹介する以外にもたくさんの種類があるため、あくまで参考程度ですが、読んでみてください。

 

ということで悩んだのですが今回は以下の5つについて紹介していこうと思います。ですが先に言っておくと、細かい違いはあるものの、できることにそこまで差はありません。初心者はとりあえず、どれかは1つはやっておくといいかなという感じです。

 

 

jQuery

jQueryを1番最初に紹介する理由は、その実装の手軽さと学習難易度の低さがあげられます。というのも、jQueryはProgateというプログラミング初心者御用達の学習サイトで実際に手を動かしながら学習できるんですね。これは非常にありがたいです。

 

jQueryは多くのサイトに使用されているライブラリなので、まずはこちらを押さえておけば動きのあるWEBサイトがついに作れるようになるのですが、少し古いライブラリであるため、世代交代に危ぶまれているという一面もあります。それが以下のVue.jsなどですね。

 

 

 

 

Vue.js

Vue.jsはとにかく、速い、軽い、シンプルという強みがあるフレームワークですね。そしてReactとはほとんどできることに大差がないフレームワークとなっています。ただし、書き方は全然違うため、そこが注意点ですね。

 

また、「フロントエンド言語の学習が終わったら今度はサーバー側学ぼうかしら。サーバー側はそうだなぁ、PHPがやりたいわ。」という方は、PHPをやったあと、PHPフレームワークである「Laravel」を学習するかもしれません(LaravelはPHPフレームワークで有名)

 

Vue.jsはなんと、Laravelに最初から機能として搭載されている(連携している)ため、PHPをやりたい、Laravelやりたいという方はReactよりはVue.jsを学んだ方が良いかなと思います。でもReactと違ってVue.jsは実はProgateにないんですよ。あれば最高なのですが。

 

ちなみにVue.jsは、今や生活の一部、ライフラインになっているあの「LINE」でも開発に使われている言語ですので、そういった意味でも信用のあるフレームワークであると言えますね。

 

 

React

Vue.jsと違って、ReactはProgateで学習できるんですよね!Progateほど初心者がとりかかりやすいアウトプット実践サイトは無いと思っているので、そこは大きな違いかと勝手に思っています。PHPやらないよって方はProgateでさくっとReactをやりましょう。

 

AngularJS

Angular.jsは大規模な開発に向いているライブラリとなりますね。とにかく複雑なコードをまとめて書きやすいというのがメリットになります。主には管理画面やマイページといった部分で使いやすいといった性質があります。

 

ただし、Angular.jsは他のライブラリと比較しても、それ自体の書き方が少し複雑で、学習難易度が高いという一面もあります。また、独自の概念などもあり、そのルールに沿って書けない開発の場面ではあまり力を発揮できない、といったデメリットがあります。

 

なので、これ以上は詳しくは書きません。

 

 

Node.js

Node.jsがJavasctiptを大きく変えた革新的なライブラリと言えるでしょう。Node.jsは簡単に言うと、Javasctiptでサーバーサイドを書けるようにしたライブラリとなります。Javasctiptはもともとフロント側の動作をつける、ブラウザ依存の言語でした。

 

Node.jsはWEBページ上の動作を描くコードは一切書きません。サーバー専用のライブラリです。特徴としてはとにかく高速で、大規模開発においても役に立てます。また、非同期通信にも特化しているため、接続頻度の高いアプリなどで大活躍します。

 

非同期通信:

相手の反応を待つことなく通信する方法です。キャッチボールで言えば、ボールを相手に投げて、返ってくる前にもう1球投げるみたいな感じですね。なので相手からの応答を待たずして次の処理を始める通信方法というイメージですね。

 

 

というわけでここまで何度も紹介してきたProgateさんですが、以下にリンクを貼っておきます。

 

Progateはこちら

https://prog-8.com/

 

 

 

まとめ

はい、というわけでいかがだったでしょうか。僕の場合は何の疑いもなくjQueryをProgateでやったのですが、それだけでもアニメーションが簡単につけれるようになって一気に開発が楽しくなりましたね。命を吹き込む感じで、動きますから。

他にもたくさんのライブラリ・フレームワークがあるのですが、今回は良く聞くものだけに絞らせていただきました。Javasctiptはフロントってイメージですが、Node.jsが出てきてからもはや無敵ですよね。人気言語ランキングでも常に上位に組み込んでいます。

というわけでまとめに移りたいと思います。

まとめ

・Javasctipt自体はフロントエンドで動くブラウザ依存の言語

・とりあえずjQueryやっとこう。少し古いけど、多くのサイトで使用されている。

・Vue.jsかReactはどっちか1つでいい。できることは大体同じだけど書き方は異なる。

・PHP(Laravel)やるならVue.js。やらないならProgateでReactをしましょう。

・Node.jsはサーバーサイド専用。これもできればJSでなんでもできるかも。

 

 

という感じで本記事の内容は以上となります。

 

 

 

僕のプロフィールついては以下の記事にまとめてありますので、時間がある方は見ていっていただけると嬉しいです。

 

 

WordPressで記事投稿をする方法を自己紹介で学習する【初投稿】

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です